So-net無料ブログ作成
プレミアムマカモラーダ
ed 原因 ブログトップ

ed若年性の5つの原因は? [ed 原因]



最近は若年性のedが増えてきているようです。

これにはいろいろな原因があるのですが、人によってどれが一番の要因となっているかは様々なんですね。

代表的なものをここでは列挙したいと思います。


①ストレス
ストレスがEDを引き起こしている場合があります。

会社や仕事、人間関係でのストレスは身体を疲れさせ、彼女や奥さんとの夜の生活への意欲を無くします。

日々のリラックスが大切です。カラオケでも絵画でも読書でも自分がやってみたいと思っていることを思い切りやってみてください。

②間違った自慰行為
いわゆるオナニーですが、間違った方法で日常的に行うことで、実際のSEXの時の感触とのギャップがEDを引き起こすことがあります。

自慰行為をするときにもっと圧を弱めてより現実に近い形で行うようにしてください。

③抗うつ剤
抗うつ剤には性欲の低下を引き起こす副作用があるらしくこれが原因となっている場合があるそうです。

うつが治ると自然とEDが治ると言われているのもこのためなので、まずは鬱の完治を目指しましょう。

④トラウマ

過去の彼女に言われた言葉などでトラウマを抱えている場合、セックスの際にEDになりがちです。

精力剤やマカを日常的に飲むようにして、少しずつ地道に成功体験を積んでいくことが一番の近道になります。

⑤彼女との慣れ

付き合いが長くなってくると慣れが出てきますが、この慣れがEDを引き起こしている原因にもなりえます。

普段と雰囲気を変えることが重要で、普段行かないラブホテルやコスプレなどを使って気分転換をしてみてください。


これらの5つの原因が若年性EDの引き金になっていると言われています。

どれも自分をこれ以上責めることはしないで、肩の力を抜いて少しずつ解決していってください。

タグ:ED 若年性
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

うつの薬の副作用でedに? [ed 原因]



うつの薬の副作用でedになることがあるそうです。

うつっぽい症状になったことはありますが、医者にはかかったことがないので詳しくは分かりません。

でも、抗うつ剤が精力減退を引き起こすことはすでに科学的に検証されているみたいですね。

このような薬によるEDを薬剤性EDと言います。



実は僕の同期でうつになった人がいました。

仕事が激務の部署だったので、色々と心労が重なってうつになってしまったと思われるのですが、今では大分ましになりました。



その同僚が言っていたのですが、抗うつ剤を処方してもらってからED気味になったとのことです。


まだ新婚だったこともあり、EDはEDで問題だったのですが、そのために抗うつ剤の量を自分で調整は絶対にしてはいけないとお医者さんからも言われていたので、まずはうつの改善に全力を注いだそうです。




よくこういう時に自分の判断で勝手に抗うつ剤の量を減らしてEDの改善をはかろうとする患者さんがいるそうです。

でもそういう人は結局うつの治療が進まず、もっと深刻な精神疾患になってしまうこともあるそうです。



順番を間違えてはいけません。まずは精神疾患の治療→EDの治療です。

ここを間違えると大きな落とし穴にハマってしまうので、十分に注意してください。



タグ: うつ ED
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ed 原因 [ed 原因]




「20代なのにあり得ない」


edに初めてなったのは20代だったが、それはまさに青天の霹靂だった。


ある日突然性欲も無くなり、なんとなくだるくてセックスする気持ちになれなくなったのだ。




自分でも原因が本当に分からない日が続いて、このまま一生性欲が出てこなかったらどうしようと真剣に焦ったのを覚えている。



でも、あることに気をつけるようになってからはあっという間に症状が改善したのだ。


それは大きく二つあって、一つは生活の改善で、特に睡眠時間に気をつけるようになった。


ダラダラしないように寝る時間を11時半と決めてから、逆算して家事を終わらせるのだ。


こうすることで睡眠時間を7時間は確保するようにした。





そして、もう一つは毎日していたオナニーを週三日間にまで減らした。


変な話ではあるが、これが一番効果があったと言える。


不必要なオナニーの回数を減らすだけで驚くほど僕の性欲は改善していった。




タグ:原因 ED
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
ed 原因 ブログトップ